荘厳な霊廟、エル・ハズネ

シーク(絶壁に挟まれた細い通路)を抜けると、突然視界が開け、岸壁を彫り抜いて作られた霊廟、エル・ハズネ(高さ43m×幅30m)が姿を現わします。

柱の上の部分に彫られている装飾の壺のなかには、宝物が隠されているという言い伝えがあります。荘厳なエル・ハズネを抜けると、ファサードという広い通りに出ます。岩壁に刻まれた階段の模様は、死者が天に昇るためのものだといいます。

ペトラは秘密の都市でもあり、難攻不落の要塞でした。都市が滅びたのち、その存在は永い間秘密のものとされ、人目に触れなかったため、こうして広大な都市の姿を今に残しているのです。1日券が21ディナール(約3,087円)。