ラクダは高級品で、一頭600ディナール(約88,200円)

この市場には、食肉を求めるレストランのオーナーと生産業者だけで、観光客はいません。ん? 何かの鳴き声です。声のする方に行ってみると、声の主はラクダでした。まだ2才だというのですが、迫力があります。

扱われるのは山羊や羊が多いようですが、一番美味なのがラクダの肉。特に子供のラクダは柔らかいそうです。ラクダ一頭が600ディナール(約88,200円)。値段も山羊や羊とは比べものになりません。

父親に連れられてきた少年たちは、手伝いというより友達と会うために遊びに来ているようです。一方、父親たちは真剣に現金のやりとりをしています。「週2回の開催日には必ず来るよ。買って帰り、処理してから店で売るんだ。他の市場よりも質がいいし、値段が安いよ」とお客さん。取引が決まった羊や山羊は、持ち帰られ処理される。ちょっとかわいそうな気がしないでもありません。