コロンビアは起伏に富み、
さまざまな食材をいつでも入手できる最高の市場がある

切りわけたレチョーナ。居合わせた女性客に味を尋ねると、「とてもまろやかで美味しいわ!」と大満足の様子でした【左上】

パロケマオ市場で見かけたこれは、トマト?キンカン? いえ、ホオズキ(Uchuvas)です。日本でホオズキといえば子供の頃に遊んだ観賞用が主ですが、これは品種が違って食用です。果実を包んだ萼(がく)を見ると確かにホオズす。甘酸っぱいチェリーのような味がしました【右上】

この黄色いフルーツはピタージャ(Pitahaya)。サボテンの葉先になるため、別名サボテンフルーツ。ふたつに切って、果肉をスプーンですくって食べるとキウイのような味で美味しい。東南アジアで見かけるドラゴンフルーツの仲間だそうです【左下】

これはアマゾンのナマズ。大きいものは2m以上にもなるらしい。売場のお兄さんが、包丁の背を木槌で叩いて輪切りにしていました。鶏のささみ肉に似ていて、ビタミンやタンパク質が豊富とのこと。ピラニアも意外に美味しいのだそうです【右下】