アボカドをはじめ、コロンビアの果物は世界一だよ!

大きな建物の入り口付近は野菜売場。そこを抜けるとフルーツが山積み。まさに南国という感じのイメージ通りの売場です。まず小さなオレンジ色の実に目がとまりました。ホオズキです。日本では主に観賞用ですが、こちらは品種が違う食用。甘酸っぱいチェリーのような味がしました。

ジュースにオススメなのがグアナバナ。太陽をいっぱい浴びて大きく育ったイチゴもありました。黄色いフルーツはピタージャ。サボテンの葉先になり、別名はサボテンフルーツ。キウイのような味がします。アボカドも超特大。こちらではスイカのように塩をふって食べます。大地の恵みの宝庫。自給率が高く羨ましい限りです。

奥は魚売場。ボゴタはアンデス山脈の山間ですから、川のものが多いようです。意外と美味しいのがピラニアだそうです。売場の方が輪切りにしているのは、アマゾンのナマズ。大きいものは2m以上にもなり、鶏のささみ肉に似ていてビタミンやタンパク質が豊富だそうです。