カルタヘナの港、要塞と建造物群は
世界遺産に登録されている

コロンビア共和国(人口約4,450万人)は、南米大陸北西部に位置し、ほぼ赤道直下にあります。国土面積は日本の3倍近く。首都は標高約2,600mの高地に広がるボゴタ(人口約750万人)です。

コロンビアにはアンデス山脈の高地地方、アマゾンの密林地帯と、地域ごとの特色が強い。ここ、カルタヘナは熱帯の楽園。カリブ海に面した、コロンビアきってのリゾート地で、人口は約66万人。

海岸沿いには、16世紀の後半から1世紀の時を費やして完成した旧市街があります。約4kmの城壁に囲まれた、カラフルに彩られた旧市街は、植民地時代そのままの建築様式を残し、世界遺産に登録されています。