“店舗のない”市場、ムソー・エメラルド市場

少し緊張感が解けた私は、続いてムソーへと向かいました。ムソーは、コロンビアが世界に誇る宝石、エメラルドの産地として名を馳せています。「エメラルドの首都」と呼ばれるエメラルド鉱山の町です(人口約15,000人)。

きっと観光客でいっぱいのはずと思っていたのですが。あれ、街の広場はガランとしています。メインストリートもなんだかノンビリとした雰囲気。本当に世界に名高い、エメラルドの産地なのかちょっと不安になってきました。コロンビアの通貨は「コロンビアペソ」。1円=約15コロンビア・ペソ(2008年9月現在)。物価は南米のなかでも、かなり高い方だそうです。

目指す市場は町の中心地の広場にありました。毎週土曜と日曜が開催日のムソー・エメラルド市場!って、あれ、店舗らしきものは見当たらず、あちらこちに人だかりができています。多い時には600人以上の売り手で賑わうといいますが。よく見ると手に何かを持ち、表情は真剣そのもの。かなり怪しい!