古い電柱の上にコウノトリが巣が。
春にアフリカから来て秋までクロアチアで過ごす

翌朝7時。農場見学には最高の天気です。ザグレブの市街を抜け、有機栽培の農家へ車で向かいます。暫く走ればのどかな風景が目の前に広がってきました。ザグレブを発っておよそ1時間、バビヤノバッツ村に到着です。こちらが有機栽培をされている方のお宅。庭先にコウノトリの巣がありました。これだけで環境のいい場所だというのが解ります。

迎えてくれたのは、有機栽培農家のズラータ・ナーニッチさん(67歳)。12ヘクタールの広い土地に、150種類もの農作物を栽培しています。さっそくご自慢の有機野菜畑を見せていただきました。

まずは市場でも見かけた、ホウレンソウのようなブリットゥヴァ。葉緑素が豊富な野菜で、葉の部分だけをもぎるようにして収穫します。