アドリア海から運ばれてきた魚や、淡水魚が並ぶ

他にも珍しいものがあります。これはラベンダーの花から作られたオイル。部屋の消臭剤、防虫剤などの用途のほか、マッサージに使ってもお風呂の中に入れてもよく、肌に刷り込めば虫除け、虫刺されにも効果があるとのこと。本来は海沿いの町の名産品だったのが、今ではクロアチア全土で売られています。

パラソルの下だけでなく、建物のなかにも売場が広がっています。鮮魚売場にはアドリア海から運ばれてきた魚が並んでいます。この時期美味しいのは、脂が乗ったイワシ(1kg20クローナ=約480円)。クロアチアといえば肉料理というイメージが強いのですが、結構魚も食べるようです。聞けば、金曜日に魚を食べるというのはカトリックの習慣だそう。道理で大量に買っていくわけです。

海の魚だけでなく、淡水魚も並んでいます。ガツカ湖産のマス1kgが39クーナ=約936円。「とてもキレイな湖なので、そこで獲れた健康なマスはどう料理しても最高よ」とのことです。