朝5時に水揚げされたばかりの“庶民の味”イワシ

ムール貝も夏が美味しいそうです(1kgで20クーナ=約480円)。肉厚のムール貝をどうやって食べるのがベストなのか尋ねると、「ムール貝は夏が旬で身が大きいわ。冬は身が小さいのよ。ニンニク、パセリ、白ワイン、それとパン粉を少し入れて煮て、身が開いたら完成よ。20分でできるわ」という答えが返ってきました。

あちらには、ひとだかりができている一角があります。見てみると、マグロです。マグロ人気は万国共通のようです(マグロ1kgが80クーナ=約1,920円)。「これは40kgくらいだけど、アドリア海には400〜500kgのマグロもいるわ。寿司はここにはないけど、日本のものでしょ。きっと美味しいんでしょうね」と店の女性。

世界的な人気者、エビ。この豊かな海産物を生み出すアドリア海の漁とはどんなものなのか、気になってきました。店のひとのアドバイスで、明日、海産物の宝庫、アドリア海での漁に同行することにしました。