女性社長のドゥヴラヴカ・オールリッチヴェリンさん(43歳)

栽培センターでは小さな苗を鉢に移しかえる作業が行われていました。従業員は11人。このセンターで5ヶ月間成長させ、畑へと移植するのです。小さな苗でも葉っぱや蕾から清涼感溢れる香りが漂ってきます。

栽培センターから15分ほど離れた場所に、本社(アグロ・ファルマチーア)と精製工場があります。オイルはラベンダー製品のなかでもダントツの人気。製造方法はシンプルで、収穫したラベンダーをタンクに詰め、水蒸気蒸留法で抽出するのです。花穂を蒸気に通して待つこと90分、ラベンダーオイルが抽出されます(50kgのラベンダーから抽出されるオイルの量は1リットル)。

ドゥヴラヴカさんが語るラベンダーの魅力とは…咲いている姿もいいし、匂いも気持ちが安らぐわ。オイルを体に塗ってマッサージすることでリラックスできるのよ。口に含んでもいいのよ。安らぎを与えてくれる花だと思っているわ。ラベンダーのすばらしいところをもっとに知ってもらいたいわ。

正午、ドゥヴラヴカさんのお母さんに、ラベンダーをふんだんに使った料理をご馳走になりました。